美容整形 FACE OFF

プチ整形でできる事

プチ整形と聞くと、安全で、トラブルなんてないのではないかという認識の方が、圧倒的に多いと思います。しかし、プチ整形にも、実は、さまざまなリスクが伴うということを、理解しておかなければいけません。

プチ整形とは、簡単にできる美容整形という意味からきている美容形成の言葉です。プチ整形は、時間の経過で元にもどる美容整形とも解釈さています。

プチ整形で出来ることを、紹介していきます。

プチ整形で出来ること


鼻のシワにはボトックスを使用することで、シワを取ることが出来ます。 鼻を高くする時は、ヒアルロン酸を使って高くしていきます。

二重まぶた】

埋没法とは、糸でまぶたの皮膚を固定する治療法のことをです。プチ整形で一番多いのがこの美容形成です。

唇を厚くしたり、口角を上げるのに使われるのがヒアルロン酸です。唇を整えることができます。

輪郭

エラを小さくする時は、咬筋を萎縮させて小顔にしていきます。また、アゴを出す時は、ヒアルロン酸を注射します。

ダイエット メソテラピー→(脂肪溶解術)

部分的に痩せさせるために、脂肪溶解注射を使用します。


若返り

ヒアルロン酸を注射して、顔のシワを取ります。また、ボトックスを注射して、シワを取ることもあります。


その他】

多汗症を治す場合にも、ボトックスを注射して汗を減らすことができます。


ボトックスについて

ボトックスとは、アラガン社の登録商プチ整形の標の薬で、A型ボツリヌス毒素を製剤化したものです。多くの場合は、ボトックス=治療というイメージがありますが、ボトックスとは、医薬品の名前のことで、治療方法のことではないのです。

しかし、一般的な認知として、ボトックスは、治療方法と認識している方がたくさんいらっしゃいます。ボトックス以外の薬剤を使用しながらも、ボトックス注射やボトックス治療などと呼んでいる場合もあります。

アラガン社以外のA型ボツリヌス毒素は、厚生省の認可が一切下りてはいません。A型ボツリヌス毒素は、製造メーカーによって精製方法が違うだけではなく、効果や副作用にも著しい差が出ています。


A型ボツリヌス毒素とは、何なのでしょうか。

目尻や眉間などの筋肉部分に直接注入することで、動きが抑制されます。脇等に注射して、汗を減少させる効果や、シワをなくす効果等、様々な効果があります。

A型ボツリヌス毒素とは、嫌気性菌によって産生されています。7つの神経毒素があり、A型、B型、C1型、D型、E型、F型、G型の内のひとつ(A型)は、主な作用として、神経伝達を抑制するという効果があります。

ヨーロッパのディスポート、アラガン社製のボトックス、韓国製のニュークロノス、中国製のBTXAの4種類があります。安全性、効果、生成法にも違いがあります。

一般のユーザーは、ボトックスと聞くと、全て同じで安全という認識を持ってしまうようですが、注意してください。国内で一般化されつつある、ジェネリック医薬品という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

同様に、ボトックスでも、全く違うメーカーのものが存在するのです。医療に関しては価格で提供されるのではなく、安全性が最も重要ということを、認識してください。

安くても同じ効果が得られるのなら、問題はありません。しかし、安全性に関して著しい差があるということになれば、安ければ何でも良いということではないのです。

recommend

宇都宮 脱毛サロン

Last update:2017/11/13